イメージ画像
お電話:0898-25-1200

プラセンタ療法

プラセンタとは

プラセンタとはお母さんのおなかの中で赤ちゃんを守り、育てる役割をもった「胎盤」の事です。

プラセンタは細胞の増殖・再生をコントロールする物質「細胞増殖因子(グロース・ファクター)を合成・分泌する臓器です。
胞増殖因子がなければ、細胞は新たにつくられることはありません。
わずか10ケ月ほどの妊娠期間に、たった一つの細胞から40〜60兆個の細胞をもつ赤ちゃんが育つのは、ほかでもないプラセンタがつくり出す細胞増殖因子のおかげなのです。
もともとは赤ちゃんと同じ1つの受精卵から分かれてできたものでありながら、すべての細胞をつくり出すための遺伝情報をもったプラセンタは、まさに母なる臓器≠ニいえるでしょう。

胎盤図

プラセンタの効果

幅広い分野で効能が認められたプラセンタ

漢方医学には、「肝臓の調子が悪いときには動物のレバー(肝臓)を食べるとよい」というように、自分の不調な部分と同じ動物の部位を食べると回復するという考え方があります。
患者に不足した栄養素や酸素、細胞の再生に必要な情報を与えてくれる有効成分などを補給するのに、非常に効率的な方法であるといえます。
では、とくにどの部位に不調や痛みを感じるわけでもないのに、何となく全身がだるい、肌荒れがひどい、気分や体調がすぐれないというときには、一体どうしたらよいのでしょう。
はっきりと原因が分かっている病気以外にも、私たちのからだや心は不調を感じることが多くあるものです。
実はこんなときこそ試したいのがプラセンタですプラセンタには、人のすべての細胞をつくり出すために必要な情報と栄養素が含まれています。
実際プランセタから抽出された様々な成分は医薬品として販売されており、肝臓機能の改善や更年期症状の改善、滋養強壮など、幅広い分野で効能が認められた、数少ない成分なのです。
科学の進歩により、プラセンタに含まれる有効成分が徐々に解明されつつあります。
しかし、それらの成分はプラセンタ特有のものが多く、他の物質でプラセンタの代わりになるものはありません。
プラセンタの重要性は、今後もますます高まっていくことでしょう。

成分本質

プラセンタ「胎盤」に含まれる豊富な成分

人ひとりのからだをつくり上げる役割を担うプラセンタには、生きていくために必要なほぼすべての栄養素が備わっています。
3大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質はもちろん、各種ビタミン、ミネラル、酸素、核酸などの生理活性成分が豊富に存在します。

アミノ酸
生命の源。いろいろな生理機能を持つ
タンパク質
人の身体をつくる栄養素
糖質
エネルギー源になったり、細胞構造を維持する
ビタミン
生理機能を調節し代謝をスムーズにする
核酸
遺伝子の修復、新陳代謝の調整
活性ペプチド
医薬品的な効果を発揮するプラセンタの中心成分
糖質、脂肪酸
細胞を作る重要な材料の一つ
ムコ多糖体
細胞間をつなぐ成分で、炎症をおさえる働きなどがある
ミネラル
血液、体液の調節など、さまざまな働きをする
酸素
生体内の化学反応を助ける

プラセンタ注射

プラセンタを用いた医薬品の中で、今もっとも注目を浴びているのは、プラセンタ注射でしょう。
肝機能障害等の治療薬として数十年の実績があり、大きな成果を上げていますが、特別な副作用がみられない非常に信頼性の高い薬です。
日本国内で生産した健康なお母様から提供を受けた胎盤を用いて製造されています。
プラセンタ注射に含まれる細胞増殖因子には、肝細胞増殖因子だけでなく、神経細胞増殖因子や上皮細胞増殖因子などたくさんの種類があり、それぞれの果たす効果に注目が集まっています。
治療を受けた患者さまからも「肩こりがなくなった」「よく眠れるようになった」「めまいがなくなった」「かかとや手のカサカサがなくなった」 「朝起きるのが楽になった」など、予想外の効果を耳にすることがあります。
また、「肌のくすみが薄くなった」「肌にハリがでて、化粧のノリがよくなった」などの美容面での効果も多く聞かれます。
海外でも健康や若さの維持に多くの人が積極的に使用しています。

肌質を選ばないプラセンタ

プラセンタは色を白くする、しわが目立たなくなるほど非常に高い美容効果があり、それらの目的のためにプラセンタ注射が行われます。
そのためプラセンタは化粧成分としても人気があり、美白を目的とした化粧品の有効成分としても用いられています。
生体に必要なアミノ酸やビタミン、ミネラルを非常に豊富に含むプラセンタは、肌に潤いを与え、キメを整え、ターンオーバーを正常化して、健康な素肌を保つ働きをもっています。
またプラセンタがアトピー性皮膚炎の治療にも用いられることからもわかるとおり、敏感な肌にも使うことができます。
なお、プラセンタは市販の化粧品のほか、美容クリニックやエステティックサロンのオリジナル製品にもよく用いられています。

プラセンタの美肌作用

美白
シミの元であるメラニン色素の成分を抑えると共に、シミ・くすみを取ります。
保湿
高い保湿力で、長時間しっとりとした肌をキープします。
細胞の増殖再生
新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常化し健康な肌をつくります。
コラーゲンの生成
肌の弾力を決めるコラーゲン生成をサポートします。
血行促進
血流を促し、健康で美しい肌をつくります。
抗酸化作用
老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます。
抗炎症作用
ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます。
抗アレルギー作用
免疫システムを調整、回復しアレルギー反応を抑制します。
免疫賦活作用
免疫力を高め、強く健康な肌をつくります。
アミノ酸補給
皮膚細胞のエネルギー代謝を高めたり、細胞再生の材料を補給します。

医療機関における胎盤「プラセンタ」収集

製品の原料は、全て日本全国の医療機関からHBV(B型肝炎)、HCV(C型肝炎)、HIV(後天性免疫不全症候群)等に 感染していないかを問診や検査により確認された健康な産婦からの満期正常分娩の胎盤(プラセンタ)のみを、同意に得た上で収集しています。

プラセンタ皮下注射
1バイアル、月2・3回で
1回1,000円